当協会について


インターナショナルフットマイスター協会(IFMA)の活動
2011年、12,000人を対象に行ったインターネットアンケート調査の結果によると、足に何らかのトラブルを持つあるいは持ったことのある人は男性70%以上、女性で90%以上ありました。
(経済産業省委託事業、(株)矢野経済研究所調査、2011)
また、高齢者の約60%が足部、足爪にトラブルを持ち、その内の過去一年間の転倒率は50%と、とても高い割合で起こっています。高齢者の寝たきりの原因の50%が転倒、骨折と考えると(国民生活調査、H19)、超高齢化社会に向け、足のケアは寝たきり予防、認知症の予防に重要であると考えられます。
これは、フットケアを受ける人が多く潜在し、ユーザーは主に高齢者と女性、市場規模は全人口の30%はいると想定され、フットケアの高いニーズを示しています。
これら多くの足のトラブルに対して、IFMAは活動のテーマに二本の柱を掲げています。

フットケアキャラバン活動
フットケアサポーター・リーダーの育成

介護や医療の現場でマッサージなどの技能を活用出来る人材を育成し、足の健康を改善させ、高齢者の転倒予防、寝たきりの予防に貢献できる人材を育成する。

「足の専門家フットマイスター」の育成
私たちは足のトラブルを予防、改善させる事ができるフットケア専門家フットマイスター育成します。20年間積み上げたノウハウと専用器具及び、フットケアマシーンを使用し、ケア時間を短縮し、美しく安全、痛みのないケア、また身体の弱い高齢者等にも負担の軽いケアを実践できる人材を育成する事を活動の柱としています。
ケアする方もされる方も安心、安全、楽なフットケアを可能にする事がフットマイスターの行うフットケアなのです。
(例、時間ドイツ式爪切りに20分→IFMA式2分)
 

ごあいさつ


インターナショナルフットマイスター協会の横山由貴代です。当協会は足から健康をテーマにいくつになっても活き活きとした生活をしていただけるような知識と技術を普及するために設立しました!

一般の方も医療従事者の方にも知っていただきたいことがたくさんあります。

自分と身の周りの方のためにできるところから始めませんか?


 

協会概要


名称 一般社団法人
インターナショナルフットマイスター協会
英文名称 International Foot Meister Association
略称 IFMA
代表者 理事 横山由貴代
理事 伊藤美幸香
所在地 奈良県生駒市東菜畑2-865
TEL 090-5469-1618
URL http://footmeister.jp

 
フットマイスターのブログ
フットマイスターのいるサロン
神戸フットケア専門店「ファーストステップ」
フットケアサロン「足美」
フットマイスターへのお問い合せ